読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝手に私信

あの話。自分は全く知らないのでコメントできなかったりします。
とはいうものの、無反応というのも悪い気がするので素人ながら書かせていただきました。
参考にならない可能性が高いので先に謝らせていただきます・・・(汗。


オプティマイズさんからの転記なので部品は4点。
1. GBA_BUS
2. MBM29LV800TA-90
3. XC9572XL10TQ100
4. PIO_PORT


GBA_BUS。写真みたら基板を起こしてるので、いきなり高難易度です。
PIO_PORTは写真に写っているようにピンの集合体。デバッグ用?
MBM29LV800TA-90は検索するとFujitsuフラッシュメモリ(8Mbit)にヒットします。
XC9572XL10TQ100はXilinxCPLDっぽいですね・・・。配線多すぎ・・・。


僕ならどう勉強していくか・・・。とりあえずいきなり突撃するのはやめときます。
CPLD焼いて、配線つないで、簡単ラクチン!ってことはないかなあ・・・。


配線ミスもあるから特定できないといけないし、
どんなデータが流れているか把握もしないといけないです。
この1台を作る以外にも、実機とROMの通信ログを取得する環境はほしいところ。


えーなので、まず、GBAは諦めます(ぉ。
最初はもっと単純なファミコンGameboyのDumpプログラムから始めると思います。
http://hongkongarduino.web.fc2.com/
https://github.com/drhelius/arduinogameboy


最初は大きさを無視してB5サイズぐらいに広げて、ミスしないように
どうやって配線するか知恵を絞りそうです。


ここでも厳しそうならこちらの1冊を。
部品代こみこみで1万円ぐらいは投資で必要ですけど。
https://www.amazon.co.jp/dp/4062578913/
モニタ、キーボードなしLAN接続のSSH環境がオススメです。


僕はraspberry pi の本しか持っていないので
類似した本をArduinoで探すのもいいと思います。


最後に海外の大御所のリンクです。
http://reinerziegler.de/GBA/gba.htm