micro:bit 実験1 CLI環境の構築

■yottaとsrecordをインストール
Offline Development - micro:bit runtime
yotta  : インストーラ形式。git-scm、mbed serial driverにチェックを入れる。
srecord : ZIP形式。3つのexeファイルをc:\yotta に入れる。


■おまじないを唱える

※デスクトップに作られたRun Yottaショートカットをクリック

git clone https://github.com/lancaster-university/microbit-samples
cd microbit-samples
yt target bbc-microbit-classic-gcc

※mbedサイトにログインする必要がある為、ブラウザが開きます。

yt build

※micro:bitのライブラリが落ちてきて、hexファイルを作ります。

copy build\bbc-microbit-classic-gcc\source\microbit-samples-combined.hex E:

※Eドライブがmicro:bitです。ハローワールドのhexファイルができます。


■デフォルトのプロジェクトを作る
http://www.forward.com.au/pfod/microbit/compileSetup.html

mkdir emptyproject
cd emptyproject
yt init

※Is this an executable の答えは yes。それ以外はデフォルト。

yotta target bbc-microbit-classic-gcc
yotta install lancaster-university/microbit
yt build

※ビルドの結果から、使わないtestフォルダを消す
※git リポジトリがないと警告できるけど無視する(そもそもgit使ってないし)

sourceフォルダに main.cppを作る

#include "MicroBit.h"

MicroBit uBit;

int main() {
 uBit.init();
 uBit.display.scroll("HELLO WORLD!");
 release_fiber();
}

最後に、yt buildすればbuild\bbc-microbit-classic-gcc\source\emptyproject-combined.hexができる。


■build.batを作る

@echo off
set PATH=%YOTTA_PATH%;%YOTTA_INSTALL_LOCATION%\workspace\Scripts;%PATH%
SET COM="build\bbc-microbit-classic-gcc\source\microbit-samples-combined.hex"
SET SAM="build\bbc-microbit-classic-gcc\source\microbit-samples.*"


cd ..


:loop
del %SAM%
del %COM%
yt build
if exist %COM% goto usb


:miss
pause
cls
goto loop


:usb
copy %COM% d:
pause
cls
goto loop

来年にはmbed CLIに取って代わってそうな予感。。