無題

話半分で聞いてください(^^;
いらんお節介の話を1つ・・・。


GBA開発は、人いないし(ゲーム制作に必要な)ドキュメントないしで荒野みたいな場所です。
自分でハックというとかっこいいですけど・・・
基本的には面倒な作業の連続だと思っています。


アドバイスとしては「モチベーションを絶やさずに」という、
この1点のみです。


プログラミングは1日でドでかいものは作れないです。
少しづつ、小さな作業の積み重ねだと思っています。


次の作業に嫌な気持ち(やりたくないなぁなど)を持ち越さないように、
常に気を配らないといけないです。


1日だけ12時間ほど作業して満足したら・・・
バグがどれなくて嫌気がさして・・・
面白いゲームに出会って熱中して・・・
など、間を開けてしまうことがなんと多いことか。


「今日はやらなくていいんじゃない?」という囁きが無意識に来きます。
抗ったりできるのは最初のころだけであり、長期的にはやはり負けてしまいます。


なので、だんだんやりたくない気持ちが強くならないように
心の健康を大事にしないといけないです。


モチベーションを減らさないテクニックも必要であり、
楽しく学び、モチベーションを上げて、ということも必要であり、
人間はなんて難儀な生き物なんだという、お節介な話でした。(^^;


えーと、技術的な話もしますと・・・
GBA本は文章を読んで仕様を理解して、コードは私の方を参考にするのがいいと思います。
サウンド部分は今は読まず、mode0かmode3でブロック崩し○×ゲームテトリスなどの
手頃なゴールを決めるといいです。


アウトプットの形としては、
Arduboy プログラミングを今されているraohu69さんのページが私の中で理想形態です。
日本語で理解したことを書くよりコードを。毎回テーマを決めて記事を書いています。
この少しづつ前進している具合が素晴らしいです。
ttp://raohu69.hatenablog.jp/


(変な紹介の仕方してすみません。。ということでトラバしないように修正)